タイプ別勉強法 | 子どもを勉強好きにさせる工夫

子どもが勉強を好きになる秘訣

勉強好きになる子どもへのアプローチ

子どもの色々なタイプ

子どもにも色々なタイプがあります。
ここで書かれているタイプがすべてじゃないですが、参考にしてみてください。
まず、自分で決めたことをしたい、周りを仕切りたいリーダータイプ。
クラスに一人はいますよね。
リーダータイプと似ていますが、言われたことはきちんと守る、学級委員長タイプ。
そして、とにかく目立ったり注目を浴びたりすることが大好きな、目立ちたがりなタイプ。
この三つのタイプは、割と人の前にたって何かする事に抵抗がないタイプです。
そして、恥ずかしがり屋であまり前にはでないが、観察力は抜群の参謀タイプ。
このタイプは、人前にたって何かするのは抵抗がありますが、冷静に周りを見て判断できるタイプです。
そして、自分の世界観が強く、とにかく自由で周りにも干渉せず、何を考えているのか理解不能な、マイペースタイプ。
だいたい、このようなタイプに分かれると思います。
自分の子どもがどのタイプなのか分析してみましょう。

子どものタイプ別の勉強方法

子どものタイプをだいたい分析できたら、次はタイプ別の勉強方法を考えましょう。
まず、リーダー、学級委員長、目立ちたがり屋なタイプの子どもの勉強方法です。
リーダータイプは、自分で決めた事をやりたかったり、仕切りたいという意欲があるので、勉強方法を自分で決めることが大事だと思います。
学級委員長はまじめなタイプなので、一日のノルマを決めたりすると、意欲的に取り組むことが出来るのではないでしょうか。
目立ちたがり屋なタイプは、授業で発表出来たらご褒美があるというような約束を決めるとやる気に繋がると思います。
恥ずかしがり屋な参謀タイプやマイペースタイプは、少し難しいと思います。
参謀タイプの子は、自分の好きな事を見つける、そして極めるという勉強方法が良いかもしれません。
マイペースタイプの子をやる気にさせるには、その子が何に興味をもっているのか、好きな物は何なのかをよく理解する必要があります。


この記事をシェアする